new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

ボリビア ベジャビスタ農園 150g【浅煎り】【シングルオリジン】

1,450円

送料についてはこちら

  • 豆のまま

    ¥1,450

  • 粉:細挽き

    ¥1,450

  • 粉:中挽き

    ¥1,450

  • 粉:粗挽き

    ¥1,450

※1回のご注文で【3袋まで同梱可】です。4袋以上ご注文の場合は3袋ごとに分けてご注文下さい。 ※概ね焙煎日から2週間以内のものを発送いたします。 ベジャビスタ森林保護区の麓にある農園で、現農園主であるマリア・アスカルンスフさんの父、ハイメ・アスカルンスさんが50年前にコーヒービジネスをスタート。 ユンガス地方南部チュルマニ県で農園を購入しコーヒーの栽培を始めましたが、近隣の生産者がコカインの栽培を始めたため物騒な地域に。その農園を売却し、ラパス県カラナビに栽培拠点を移して現在に至ります。 農園主のマリアさんが精製工場主・輸出者を兼任。栽培から輸出まで一貫して管理し、品質の高さを維持しています。 ボリビアのコーヒー豆生産者は、フェアトレードや開発援助の助けを借りて有機農法を進んで行ない、質の高いコーヒーを地道に作り上げています。小規模生産者が作るコーヒーが9割を占め、そのほとんどが有機栽培のアラビカ種。 このコーヒー豆は、日陰栽培・バイオラティーナ有機認証・100%天日乾燥の元にほぼ欠点0で作られました。 明るく華やかな印象の香り、標高の高い農園ならではの多様な風味を含み、クリーンでマイルドな酸味があります。後味に蜂蜜を思わせる甘みを感じられることも。 農園名 :ベジャビスタ農園 農園主マリア・アスカルンス 生産地 :ボリビア ラパス県ユンガス地方カラナヴィ郡ボリンダ 栽培品種:ティピカ&カツーラ 標高  :1700m 精製処理: Fully Washed

セール中のアイテム